上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
8月15日。
終戦記念日です。

 これを機会に、今日はROの話ではなく、靖国問題をはじめとする対中対韓問題について少し考えてみようと思います。間違っていることもあるかもしれませんが、あくまでぼくの意見として書きますb

 終戦記念日の今日、小泉さんはついに8月15日の靖国神社参拝にふみきりました。A級戦犯の合祀される靖国神社への参拝について、当然内外からの批評はありますが、ぼくの意見としては、一国を代表する内閣総理大臣としての参拝には反対です。国際社会における日本が最も重視すべき外交は周辺国であるアジア諸国であり、特に急成長を遂げる中国との関係は、今後無視することはでず、その友好関係は代表者が率先して築いていくべきだと思うからです。
 しかし、小泉さんが、合祀されているからといって戦争責任者とされるA級戦犯についても参拝をしているのかと言えば、そうではないと思います。一国民として、過去の悲惨な戦争で命を落とした戦没者たち、“A JAPANESE”への追悼の意を表し、二度と悲劇を繰り返したくないと願う気持ちであることは、同国民として当然理解ができます。ところが、内閣総理大臣という国の代表である立場での参拝となると、話が別になってくるのではないでしょうか。というのは、一方向からの感情、つまり日本国民としての気持ちだけでけでなく、他方からの解釈、具体的には諸外国の人々の感情も考慮して行動しなくてはならないという責任が生じると考えるからです。確かにA級戦犯合祀の靖国神社を参拝することが、排他的に侵略戦争の肯定だとは思いません。しかし、そこには確かに侵略戦争という影が見え隠れしていることには違いはないのです。
 ではアジア諸国との友好関係を築く上でどう日本は変わっていけばよいのでしょうか?例えば今回の小泉さんの参拝について、中国、韓国などから多くの批判声明が出されています。ぼくは、このような他国からの批判を受けて何かをする、例えば考えられることとしては、ポスト小泉の周辺諸国を配慮しての靖国参拝自粛、などですが、これでは根本的な解決には至らないと考えています。問題は受動的であるか、能動的であるかの一点に限るのです。関係改善の方法は色々と考えられますが、根本にその行為を自らの判断で行ったと言うことが大前提であり必須条件とはいえないでしょうか。
 もちろん、中国、韓国との関係改善は日本の努力だけで達成できるものでは到底ありえません。メディアを通じてしか判断はできませんが、彼らの歴史認識が過剰に日本への反感を煽るような教育へつながってしまっているような印象を受けますし、前述したとおり国を代表するものは他国の感情を配慮することが望ましいことはいうまでもありませんが、日本の教科書によるの歴史認識が日本国民の歴史認識であるはずがないと言うことも彼らも理解をしてほしいのです。
 ぼくたちは戦争を知らない世代です。だからこそ、よりいっそう悲惨な歴史と言うものを重要視しなくてはいけません。しかし、歴史を見るばかりでこれからの未来をおろそかにしているようでは、本末転倒ではないでしょうか。共通の歴史認識というものはおそらくは存在し得ないと思います。文化、習慣の違いもあります。大切なのは、それらの違いを理解しあい、二度と悲劇を繰り返さないことです。
スポンサーサイト
              
コメント
コメントする












 管理者にだけ表示を許可する?

         
    
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。